スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< The True Costs of Diamond | main | Surrealistic Animation >>

Children Targeted in Bosnia-Herzegovina War

From Totto-chan's Children by Kuroyanagi Testuko
黒柳徹子「トットちゃんとトットちゃんたち」より

ぬいぐるみが大好きだった私は、これが一番ショックでした・・・
Deep in my heart I thought,
That is one thing I could never forgive:
Setting up a bomb
In a child's beloved stuffed toy.
Children adore stuffed toys.

私が心の底から
「許せない」
と思ったのは、
子供が大好きな
ぬいぐるみの中に、
爆弾を仕掛けたことだった。
子供は、ぬいぐるみが大好き。

As a child in World War II,
I never ran to the air-raid shelter
Without my teddy bear.

私が小学生だったとき、
空襲で防空ごうに逃げるとき、真っ先に抱いて走ったのは
熊のぬいぐるみだった。

I wanted to take it with me
When we were evacuated.
Daddy had given it to me
When he left for the army;
It was my friend.

疎開するとき、私は、
その熊のぬいぐるみを
持っていこうとした。
兵隊に行ってしまった
父の贈り物だったぬいぐるみ。
私の友達だったぬいぐるみ。

My mother made me leave the teddy bear behind.
The train was crowded, and
She had two small children with her.
We weren't allowed any baggage.
I was terribly unhappy.

でも母は言った。
「混んだ汽車で、
小さい弟や妹がいるんだし
荷物は持てないから、
おいていかなくちゃダメなの」といった。
私は、本当に悲しかった。

As we went out of the house,
I left my gray teddy bear on Daddy's chair.
When I heard the house had burned,
The first thing I thought of,
The very first thing,
Was my teddy bear.
I pictured it
Enveloped in flames,
So that's how I know
How precious stuffed toys
Are to children.

私は家を出るとき
父の椅子に、そのグレーの熊を乗せた。
疎開先で、家が焼けたと聞いたとき、
真っ先に頭に浮かんだのは
熊のぬいぐるみが、
火に包まれている光景だった。
だから、子供がぬいぐるみを
どんなに大切に思うか、
分かっている。

Fighting broke out in Bosnia.
Roofs were blown off;
People ran hither and yon,
Trying to escape,
Always protecting the children.
As soon as fighting subsided
People returned to their homes.

ボスニアで、戦闘が始まり
屋根が吹き飛び
人々は逃げ惑った。
それでも、子供は母親に守られて助かった。
戦闘が静まり
とにかく家に、戻ることになった。

One little girl went to her room,
Straight to her beloved stuffed toy.
"Sorry I couldn't take you with me.
Thank you for waiting,"

自分の部屋に入ると、
なつかしいぬいぐるみがあった。
(ごめんなさいね。連れていかなくて。
でも、待っててくれたのね。)

she may have said,
Picking it up to hug it.
That is when the bomb went off,
Killing the child.

たぶん、その子は、こんなふうに思って、
ぬいぐるみにかけよって、
ぬいぐるみを抱き締めた。
その時、仕掛けられた爆弾が
破裂して、
その子は、死んだ。

While the house was empty
One of teh enemy went in
And hid a bomb inside the stuffed toy
So it would explode when clasped.

しばらく家をあけている間に、
敵は、その家に入り込み、
ぬいぐるみの中に、
爆弾を詰め込んだ。
抱けば爆発するように。

To think that even child psychology
Is made use of in war!

子供の心理を
ここまで知り尽くし
殺そうとした戦争。

What must that child have thought
As she died, hugging her stuffed toy?
Was it, "How could you do this to me?
You were my friend."
Oh, how I hate war!

ぬいぐるみを抱き締めて、
死にながらその子は、
何を思っただろう。
(私の友達が、私を待っててくれたはずの友達が、 
私を殺すなんて。)
私は、心から戦争を憎んだ。
| quotation | 22:41 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 22:41 | - | - |
Comment










04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM