スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< HK is Beautiful... occasionarily | main | IF... >>

We've Got to Do Something



ショッパホリックもここまでくると・・・
*click jp below to read more*

A few days ago, SCMP put the article "Hundreds queue for 'green' bag".
数日前、香港の英字新聞SCMPが報じた記事「エコバッグに何百人も並ぶ」より・・・

Hong Kong people lined up in order to buy the green bag "I'm Not a Plastic Bag" launched by Anyah Hindmarch. The article reported there was a man who even took a day off to buy the bag for his wife and daughter...

イギリス人デザイナー、アニヤ・ハインドマーチの「I'm Not a Plastic Bag」(私はビニール袋じゃない)というエコバッグ地球を買うために並んだ香港人たち・・・記事によると、有給をとってまで妻と娘に買うために並んだ人もいたとか。

I assume they are into fashion, but not particularly into environmental issue. If they are concerned about the environment, they don't really need to line up for this brand, but they could buy green bags from supermarkets.

おそらく、ここに並んだ人たちって、ファッションに興味があって、特に環境問題に取り組もうってわけではないと思います。環境に関心が高ければ、別にこのブランドじゃなくてもよく、スーパーが売っているエコバッグもあるわけで・・・

It's good that Hindmarch produced this bag so that more people will use less plastic bags. But if people took this simply as a "fashion", there is no point... I just feel so sad:( (People in UK also lined up when it was first appeared too. In Japan, now the bag could cost 2,8000 JPY in internet auction.)

ハインドマーチが、ビニール袋の使用を減らすためにこのバッグをデザインしたのはとてもいいことだと思います。でも、みんながもしこれをただの「ファッション」としか取らなかったら、あまり意味がない・・・悲しいです。(イギリスでも、このバッグが売り出されたときたくさんの人が並んだみたい。日本では、ネットオークションで元が2千円が2万8千円とかで売っています)

Nothing wrong with being fashionable, but we need to take action much more seriously towards environmental issues (buying doesn't help, but rejecting plastic bags does). I used to write articles on global warming and pollution when I was 11 or 12. But I was shocked my classmates didn't care; they said "It doesn't matter to me because I'll be dead by the time when the problem gets serious".

おしゃれが悪いわけじゃないんです。でも、もっともっと環境問題に真剣に取り組まないと・・・(バッグを買っても解決にならない。ビニール袋をもらわないことが解決の一歩)私は、11、2歳のころ温暖化や汚染について記事を書いていたのですが、クラスメイトが気にかけないことにショック!「自分には関係ないもん、だって問題が深刻になるころには死んでるから」

Two surprises. First, it DOES matter even if environmental issues is not serious now (which actually is). I'm disgusted US doesn't participate in decreasing CO2 emission scheme!! Their attitude is similar to my 12-year-old classmates "It doesn't matter to me!".

おどろき2つ。まず、今問題が大きくなくても(実際大きいんだけど)、関係があるんだ、ということ。アメリカがCO2削減に参加しないことに気分を害しています!!彼らの態度は私の12歳のときのクラスメートたちの「自分には関係ないもんね」と同じ!

Second, it DOES matter because problem got serious ALREADY. When I was 12, I thought we're heading to a better future because we learned we should not distroy our environment. The thing is, it is getting worse! It's adults' responsibility and as a grown-up, I need to be serious about it for my generation and next generation.

2つ目。関係あります、だってすでに問題は悪化してるから。私が12歳のときは、よりよい未来へ向かっているんだと思っていました。環境破壊はいけないと、人間が学んだと思って。で、現実はひどくなってる!これは大人の責任。だから、大人として、自分の世代、そして次の世代のために、真剣にならなきゃいけないと思う。

We need to act NOW, seriously.
今立ち上がらないと!いや、本当に。
| environment | 00:47 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

| - | 00:47 | - | - |
Comment









Trackback
url: http://jadorelethe.jugem.jp/trackback/265

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM