スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< Paris, Je T'aime 2005 I | main | Paris, Je T'aime 2005 III >>

Paris, Je T'aime 2005 II



Comme Amelie Poulin!

*click jp below to read more*

At Jardin du Luxemburg.

My friend YK from Kochi took me around in Paris. In fact, we met just once when we were high school student, and we exchanged letters for 7 years since then. She was studying at INALCO (Paris IV) in 2005, so we had a reunion after 7 years!

リュクサンブール公園にて。

パリで実際に一緒に散策してくれたのは、高知のYKちゃん↑。実は高校生のときに一度会ったきり、そのあとは7年間も文通を続けた私たち。彼女はINALCO(パリIV)に留学中だったので、パリで再会をはたしました!



Good that I could visit my favourite Centre Pompidou (well I didn't go to other museums...) 大好きなポンピドゥーにも寄れたし。(というか他の美術館は行かなかった・・・)



As she had a class, we decided to meet again at Pantheon after her class. 彼女は授業があるというので、パンテオンで待ち合わせ。



I also stayed at an apartment of my friend K whom I became close with in Bordeaux Business School. BUT... when I moved out from YS's place, I called K but couldn't reach her! I needed a secret code to enter her apartment, but since I didn't have a mobile phone, I just had to wait, wait and wait outside with my suitcase.

ボルドーで仲良くなった子のアパートにも泊めてもらいました。が、YSちゃん宅から移動したとき、まず彼女に連絡がつかない!という事態に・・・なぜなら、アパートに入るのに暗証番号がいるんですね。で、私は携帯電話も何もないので、ひたすらスーツケースをもったまま、外で待つことに。

12時 アパートの近くの公衆電話付近で1時間待つ
14時 モンパルナス駅に移動(座る場所をもとめて)、電話つながる。やっとアパートへ!・・・と思ったら、今度は管理人がいなくて部屋に入れない!
16時 またモンパルナス駅へ。今度はスーツケースは部屋の前に置いてきた。
17時 まだモンパルナス駅。
17時半 戻ってみたら、管理人が〜。なんなく友人の鍵をもらい、熱いシャワーをあびました・・・あー大変だった。

12h00 Waited for 1 hr at the public phone near K's apartment
14h00 Moved to Montparnasse Station to sit down. Finally reached K. But when I went back to her apartment, I still couldn't go in because the concierge was absent.
16h00 Back to Montparnasse St. This time I left my suitcase in the apartment.
17h00 Still at the station.
17h30 The concierge was there when I went back! Got a room key smoothly and took a shower. It was a long day!



K was late with work, so I asked YK to come over and prepared a simple dinner. (My apron has mashroom pattern!) We chatted until very late at night:)
彼女は仕事で遅いとのことで、YKちゃんを呼んで簡単な食事を作りました。(私のエプロンは実はきのこ柄☆)このあとも、夜遅くまでおしゃべりしました!
| voyage | 21:05 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 21:05 | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM