スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< Real Reality | main | Viva! Japanese Amazing Creativity >>

Hannari KYOTO part II



Want to be healthy? Come to Kyoto.
*click jp below to read more*
My mother was amazed how healthy the food in Kyoto is. (Again, I just came back from Hong Kong so I couldn't tell if it's particulalry healthy...) Breakfast at ryokan was amazing. (well, it was expensive too.) There was no meat. We had fish, vegetables, miso, tofu and beans. Except for fish, all were either boiled or steamed. No oil is used. The taste mainly comes from subtle dashi.

母が驚いたのは、京都の食事がとても健康的なこと。(香港から帰ってきたばかりの私は特別健康的なのかどうかはわからないかったけど)旅館での朝食がまずすごかった。(高かったけど)肉はなく、魚、野菜、お味噌、豆腐、豆といった感じ。魚以外はどれも煮るか蒸すか。油は使っていません。味はほとんどだしのほのかな味。




(lunch at Oishinbo, Gion.)



I especially enjoyed tsukemono (pickels). Unfortunately, not all tsukemono shops avoid preservatives, artificial flavour and colouring. However, Daiyasu (the raddish photo above) makes hand-made tsukemono without articifial chemicals. My favourite is daikon with slight flavour of yuzu.

特に私が好きだったのは、漬物。残念ながら、すべての漬物屋さんが保存料や香料や着色料を避けるわけではないけれど、この大安(上のかぶ写真のお店)はそういった化学調味料を使わず漬物を手作りしています。私のお気に入りはゆずの味がほのかにする大根の漬物。





On the way back from Kiyomizu Temple, we found this dessert place where you can grind black soy beans to make kinako (yellow bean powder). We ordered warabi mochi and I ground black beans. From quern, I could smell kinako... Being a big kinako fan, it was like heaven. Ground kinako was different from usual kinako: thick, rich and aromatic.

清水寺によった帰りに見つけたのが黒豆を挽いて自分で黄な粉にできるという甘味処。蕨もちを頼み、私が黒豆を挽くことに。石臼からは黄な粉の香りが!黄な粉の大ファンとしては、極楽でした☆挽いた黄な粉は普通のと違って、風味と香りが豊かで濃い感じでしたよ。



I kept thinking, "What is su ma ki da ta i" on the chopstick cover? It was Itadakimasu... すまきだたいって何?と考え続けた私。いただきます、だった・・・



The tofu dishes in Kyoto are amazing, too. I had tofu pudding and black soy bean coffee at a tofu restaurant, Fujino. 京都で食べる豆腐料理もまた格別。豆腐プディングと黒豆コーヒーも、不二乃という豆腐レストランでいただきました。



My favourite mitarashi dango!!! Mitarashi is basically sugar and soy sauce. Those sold at traditional Japanese sweets shops have stronger soy sauce taste and they have this burnt caramel colour. I already miss good mitarashi dango in Kyoto!!

大好きなみたらし団子!みたらしは基本的に砂糖と醤油。和菓子屋さんで売っているものは、醤油の味が強く、キャラメル色のような焦げがついています。すでに京都で食べたみたらしが懐かしい〜。
| voyage | 12:27 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 12:27 | - | - |
Comment










07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM