スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< Illy Coffee in Hong Kong | main | I Like Soup... No, I Love Soup. >>

Atonement 贖罪


Happy new year and long time no update.
*click jp below to read more*
My first new year movie was Atonement starring Keira Knightley. Adapted from Ian McEwan's novel, the movie captures romance between a upper class daughter and a housekeeper's son, and her younger sister's deep regret for making a tragic error which results in separating the couple forever.

あけましておめでとうございます!私の初・映画はキーラ・ナイトレイ主演の「Atonement(本の邦題は『贖罪』)」になりました。イアン・マキューアンの小説をもとに、映画は上流階級の娘とその家の使用人の息子のロマンス、そして彼女の妹が起こす悲劇的な過ち−それが結果として二人を永遠に引き離すことに−への深い後悔を描いています。



The film depicted beautiful countryside in England and actors were amazing. In fact, I was never a big fan of Keira Knightley's acting (seemed to me same all the time), but for the first time I liked her (still too thin, though) and her character in this film. Another amazing actress, I think, was Saoirse Ronan, who played a role of the younger sister Briony.

美しいイングランドの田舎風景の描写と、素晴らしい俳優陣。実は、キーラ・ナイトレイの演技の大ファンではなかった私(どうもどれもおなじに見えた)。この映画では、彼女とその役どころが気に入りました。もう一人、よかった女優はたぶん、妹役ブライオニーを演じたSaoirse Ronan。



13-year-old Briony is a sensitive (or naive) girl who wants to be a writer. One day, she sees her older sister (Keira Knightley) and the housekeeper's son (James McAvoy who was an actor of Mr Tumnus in the Chronicles of Narnia) at the garden and misunderstands their expression of mutual love. Then she reads his letter to her sister, which was not supposed to be sent. Mistaking several acts of their love, she decides to tell a lie that he made a crime and eventually takes away their entire happiness. Saoirse Ronan very well acted angry, naive and confused 13-year-old girl.

13歳のブライオニーは繊細(というかナイーブ?)で書き者になりたい少女。ある日、彼女は庭にいる姉(キーラ・ナイトレイ)と使用人の息子(ジェームス・マカヴォイ、「ナルニア」でタムナスさんを演じた)を見かけ、二人の愛情表現を間違って受けとってしまう。そして、渡されるべきではなかった姉への手紙を読んだ妹。いくつかの二人の愛情表現を誤解した彼女は、使用人の息子がある罪を犯したと嘘をつく・・・そしてそれが姉と彼との幸せを永久に奪ってしまうことになる。Saoirse Ronan はナイーブで怒りに満ちた、そして混乱した13歳を見事に演じたと思います。

Now I really want to read the book. 本がとても読みたいです。

Click here to read Roger Ebert's review. 

日本公開はいつでしょう・・・
| cinema | 21:24 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 21:24 | - | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM