スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< I Like Soup... No, I Love Soup. | main | フレンチポップ的フレンチソング >>

Ghost in the Shell/Innocence


So, who am "I"?
*click jp below to read more*
I used to think that "Ghost in the Shell" is an animation for more otaku people... however, I take it back. I am proud that Japan can make such a philosophical animation for mass audience. In terms of the depth of story and aesthetics of animation, I would say I prefer "Innocence", the sequence of "Ghost in the Shell". Both movies ask the question of "who am I?", I think.

この「攻殻機動隊」をおたくっぽい人たちがみる映画だと思っていたのですが、そうではなかった。反対に、日本がこのような哲学的なアニメーションを大衆向け(じゃないかもしれないけど)作り出せることを、誇りに思います。ストリーの深さと、アニメーションの美的観点から、続編の「イノセンス」のほうが好きですが、両映画とも「私は何者か」という質問を投げかけていると思います。

I've been thinking about this question since I was early teenager, therefore, I could understand the theme. The only solid existence of yourself is a body. However, "I", as an identity, am created by experience and its memory. Therefore the existence of "I" may be in fact flexible and uncertain.

10代のころこういう疑問を抱いていた私にとって、テーマは理解しやすかったかな・・・確実な自分の存在というのは体でしかない。「私」というのはしかし、経験や記憶をもとに築かれる・・・とすると、「私」という実体は実は揺るぎある、不確かなものでしかないのでは?

The movies are set in a time when people are connected by internet and their brains and body parts are replaced by machines. There are also robots who look like a perfect human being. When neither their brains or bodies are real, are they still a human or robot? As brains are connected to internet, sometimes hackers replace people's memory... if this is possible, then what happens to your past and memory which build the identity of "you"?

時は人々がネットでつながり、脳も体も機械に取り替えられている時代。完璧な人間の様子をしたロボットも存在する世界。脳も体も本物でないなら、彼らはそれでも人間と呼べるのか、ロボットなのか。脳がネットにつながっているため、ハッカーが時々人の記憶を入れ替える・・・それが可能なら、「私」というアイデンティティーを作り上げる過去や記憶はどうなるのか?


The movies are more interesting to me probably because although characters are Japanese, the town they live in seem to be modeled on Hong Kong. So you see a lot of old buildings, big commercial signs, and futuristic tramways.

映画が私にとってより面白いのは、登場人物は日本人だけど、彼らが住む都市は香港をベースにしてあるからかも。なので、映画の中では古い建物や大きな商業看板、未来的なトラムをみることができます。

They remind me a lot of "Dark City" and some comic books by Tezuka Osamu I used to read when I was a child. 映画をみると、ダークシティや幼いときに読んだ手塚治の漫画を思い出す・・・

The movies are highly recommended. 大変おすすめの映画です。
| cinema | 23:08 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 23:08 | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM