スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< It's Curry Time | main | Japanese Cooking without Cooking >>

The Darjeeling Limited ダージリン急行



Reuniting brotherhood?
ウェス・アンダーソン最新作。

My first Wes Anderson's film was "The Life Aquatic with Steve Zissou (2004)" (somehow I watched it in Bordeaux), and my friends recommended me to watch "The Royal Tenenbaum (2001)" which my mother already saw in a theatre... I watched the DVD and loved it so much that I watched it again. So I was very much looking forward to seeing this film.

私が初めて見たウェス・アンダーソンの作品は「ライフ・アクアティック」(なぜかボルドーで見た)。友人たちにすすめられたのは、母はすでに劇場で見たという「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」だったのですが、DVDを借りてみたら、面白くて2度も見てしまいました。なので、この最新作はとても楽しみにしていたんです。



The film opened with the short film "Hotel Chevalier (2007)" with Jason Schwartzman and Natalie Portman, which is also prologue of The Darjeeling Limited. Natalie's semi-nudity seems to have caught a lot of attention from audience, but the real beauty and sensation lie in their dialogue, colour, and composition of the film (although Natalie is totally stunning as always).

映画はジェイソン・シュワルツマンとナタリー・ポートマン主演の「ホテル・シュバリエ」というショートフィルムから始まります(これは「ダージリン急行」のプロローグでもある)。ナタリーのセミヌードが注目を浴びたようですが、本当の美しさとセンセーションは二人の会話や、映画の色、構成にあらわれています。(ナタリーは相変わらずとてもきれいでしたけど)

The film is about the three well-to-do American brothers who have not seen each other over a year after their father's death. The eldest brother called the other two for a train voyage through India to get their close relation back.

この映画は、裕福な三人のアメリカ人兄弟の話です。父親の死から1年以上会っておらず、一番上の兄が二人をよび、絆を取り戻すため、インドで列車の旅に出る・・・

The film is beautifully made; the green colour of Indian costumes and train was amazing. The director indeed makes interesting movies, however, I wonder if it had to be rich brothers instead of ordinary brothers. (Well, of course if it were about ordinary brothers, then they wouldn't be travelling through India without worrying daily problems.)

映画は本当にきれいに作られていて、列車の緑とインド人の衣装の緑がすばらしかった。この監督は本当に面白い映画を作るのですが、個人的にはこれが普通の兄弟でなく、裕福な設定でなければならなかったのかはちょっとわかりません・・・(もちろん、そうでなければ日常の問題を心配せずインドなんか旅行できないのでしょうが)

Although I prefer the story of the Royal Tanenbaum, it is worth watching this comical drama starring wonderful actors.

ロイヤル・テネンバウムズのほうが私はストーリーが好きでしたが、すばらしい俳優たちが主演するコミカルなこのドラマ、見る価値ありです。

日本公開は3月。
| cinema | 23:57 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 23:57 | - | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM