スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< I need a job!!! | main | A street cat >>

My 5th published letter to the editor on SCMP


August 18th 2005
Japanese need to learn how other Asians suffered

今まで香港の英字新聞SCMPに載ったオピニオン・レターをランダムにお届け。まだ香港に上陸する前ですね、これは・・・

2004年から2005年にかけては特に小泉政権ということもあって、国全体が「国益」とか「強い国」とか「お国のために」とか、そういう言葉が飛び交う時勢。友人も丁度いろいろ運動とかしていたし、講演会などにも足を運んで、かなり危機感を募らせていた頃。日本にも、教科書問題や愛国心を危惧する人たちがいるんだ、と知らせたくて香港の新聞に意見を書いていました。

小泉が靖国参拝とかもしちゃうので、中国&韓国は特にヒートアップ。それに対し、「慰安婦はいなかった」とか「南京虐殺はなかった」とかの論調がまかり通ってしまう時勢だったんですよね。

本気でこの国の行く末を心配しました。
(今もしてる)

ではレターを英日でどうぞ↓
*click jp below to read more*


Do we really learn in history class in Japan what the imperial army did to other Asian people during the second world war? ("Time for Japan to make amends", August 15)

私たちは歴史の授業で本当に日本軍のアジア侵略について学ぶのだろうか?

As the leader says, I have the impression that we spend more time on how we suffered from the war. In fact, we do not study Japan's recent history enough, mainly because it seldom appears in examinations.

社説にもあったように、授業では「戦争でいかに苦しんだか」ということにより時間がさかれているという印象がある。実際、私たちは試験にめったにでないからという理由で、近代史を十分に勉強することはない。

There are teachers who are eager to teach about the war, particularly from the Asian people's point of view; however, it is getting more difficult as their flexibility has been limited.

戦争について、特にアジアの人々の視点から、教えようとしてくれる先生もいる。しかし、彼らが自由に教えられる柔軟性が限られているため、これはなかなか難しくなっている。

Germany abolished the statue of limitations to pursue Nazi crimes after the Nuremberg trials. France pursued collaborators with Germany. Japan itself did not hold trials of war criminals. Unlike Germany, Japan's collaborators with the past establishement became post-war political leaders.

ドイツはナチスの戦争犯罪を追求するため、ニュンベルク裁判のあと、「時効」を廃止した。フランスは、対独協力者を追及した。しかし日本は、自身が戦争犯罪者に対する裁判を開くことはしなかった。ドイツと異なり、日本の過去の体制の協力者たちは、戦後の指導者になった。

Kato Shuichi, a critic, says that by having collaborators as leaders, Japan did not pursue post-war responsibility and make an effort to overcome the past.

批評家である加藤周一は、日本は、過去の戦争協力者を指導者とすることによって、戦後責任の追及と過去の克服への努力を行わなかった、と指摘する。

It was been 60 years since the end of the war. While Japanese are looking back at the tragedy of the war, a new history textbook was selected in Suginami Ward, Tokyo, this month.

今年は戦後60年である。日本人が戦争の悲劇を振り返っている間、今月、東京杉並区では「新しい歴史教科書」が採択された。

When the war ended, many people desired nothing but peace. But peace will not be established with a hostile attitude towards war victims. If the Japanese truly regret the war, it is time we looked back at history, viewing it as a challenge to learn from.

戦争が終わったとき、誰しもがただただ平和を欲した。しかし、平和は戦争被害者に対する敵対心を持ったまま築くことはできない。もし日本が戦争を本気で反省するならば、歴史から学ぶことはチャレンジだと、私たちが振り返る時期ではないだろうか。
| journalism | 23:31 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 23:31 | - | - |
Comment










06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM