スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< Matt Damon does Matthew McConaughey | main | It's on air >>

The funniest Japanese animation I've ever seen


Yes!!! I thought I missed this Eagle Talon THE MOVIE II, but some TOHO cinemas are still showing this film (not in Kyushu area yet). OMG it was HILARIOUS though the poster looks ridiculous.

「鷹の爪 THE MOVIE II」、見逃したと思ったんですが、まだいくつかのTOHOシネマズで上映していました!(九州はまだです)とおおおおおっても面白かった!!(ポスターはばかばかしく見えるけど)

Don't underestimate his animation. His previous movie won Best International Director of Animation and Best Animation at New York International Film and Video Festival in 2008. (and I've been a big fan of Eagle Talon since it appeared on TOHO cinemas.) And he does almost all the voices of the characters.

彼のアニメーションを見くびってはいけません。前作「総統は二度死ぬ」で、ニューヨーク国際映画&ビデオ祭アニメ監督最優秀賞最優秀アニメーション賞をもらっているんです!(そしてTOHOシネマズに登場したときから鷹の爪のファンです、私は!)しかも、登場人物の声のほとんどが、ご本人がやっていらっしゃいます。

The subtitle "My beloved black oolong tea" does not make any sense until the end, and it's just really silly but I like how the animator makes this film.

サブタイトルの「私を愛した黒烏龍茶」は、最後まで意味がわかりません。というか、本当にくだらない理由のタイトルなんですが、このアニメーターの映画の作り方が個人的に好きでした。

I've only seen his short animation, so I was wondering how he manages over 1hr movie, but I laughed almost every 10 mins. There was this scene when a greengrocer says "I prefer Yan-sama over Yong-sama (Mr Yong = Bae Yong Joon)", and a man next to him asks "Who's Yan-sama anyway?". The answer was "Jan Švankmajer" ("Jan" is pronounced as yan). I found it really funny, but it's hard to laugh if you don't know Jan Švankmajer is a notable animator in Chezch Republic.

今までは、短編アニメしか見たことがなかったので、どうやって1時間以上ある映画を作るのか、と思っていたんですが、10分ごとに笑いが耐えない映画となりました!あるシーンで、八百屋が「ヨンさまよりヤンさまがいいや」という台詞があるんです。で、隣の男が「ヤンさまって誰だよ」と聞くと、答が「ヤン・シュバンクマイエル」(笑)。おかしすぎ!ただ、ヤン・シュバンクマイエルがチェコの有名なアニメーターだと知らなければ、笑えない箇所でもあります。

There were a lot of jokes about Shimane prefecture where the animator lives. This is a story about a hedge fund called Mr A purchasing all shares of major companies in Japan and eventually taking over local governments to sell Japan. However, the company ignored Shimane because it doesn't have any asset. (The animator made T-shirt which says "Shimane is next to Tottori" - another unknown prefecture in Japan -, and "Shimane is the 47th most famous prefecture in Japan" - which means it's not known at all.)

アニメーターが住んでいる島根県のジョークも満載。ストーリーは、禿鷹ヘッジファンドが日本の主要企業を買い取り、都道府県をのっとる話なんですが、島根県には何の資産もないため、無視されるんです。(で、アニメーターが作ったTシャツに「島根は鳥取の隣です」と「島根は47番目に有名な県です」がある)

However, in his works, there are some essential criticism on how the central goverment neglects the need of local regions. I just love the way his animation talks about political issues with humour.

しかし、作品の中には、政府がいかに地方のニーズを無視しているかの重要な批判が描かれています。アニメだけどユーモアを持ってして政治も語っちゃうのがすごく好きです。


Enjoy the Eagle Talon with English subtitles.
英語のサブタイトルつきでどうぞ。短編のほうです。



The theme song "Goodbye Mr A" is by NO1 UK chart group The Hoosiers (who actually appears on the movie for a second).

主題歌はUKチャートNo1の「The Hoosiers」による「グッドバイ・ミスターA」。(しかも彼らは映画にも1秒くらい登場する)
| cinema | 08:35 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 08:35 | - | - |
Comment










05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM