スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< When I'm Pround to be Japanese | main | Street catS >>

My So-Called Life



It's not always easy not to belong anywhere (esp in Japan). I've been (desperately) looking for a job, and I'm supposed to have many things to do... but I end up not doing much.

So here are some (boring) job search stories:

どこにも属さない、というのは必ずしも楽ではありません(特に日本)。(絶望的なほど)仕事探しているんです訳ですから、色々とすることがありそうなものの、結局そんなにやらないで終わってしまうんですよね〜。

というわけで、(つまらない)就職活動の話をば。
*click jp below to read more*
I went to another interview and the interviewers were pleasant. It seemed I answered the questions quite well, both in Japanese and English. Then, I was also asked to throw them questions. One of them actually said my questions were smart (or in other words, tough to answer).

というわけで、また別の面接に行ってきました。面接官は感じがよく、私も日英両方でうまく答えられたと思います。で、私も質問をするように言われたんですね。一人の面接官は実は、私は鋭い(というか答えるのが難しい?)質問をする、と言っていました。

One thing I regret is that I didn't ask how much the salary would be. A HR kept telling me the salary is really low here and the work is crazy. Should I have asked how much? I didn't know... I wanted to, but since the interviewers never seemed to want to tell me exactly how much, I kept it to myself. Maybe they thought I was too shy or something...

一つ後悔しているのは、給与がいくらになるかきかなかった事。人事の方が、安月給でこき使われる、と何度も言ってたんですよね・・・いくらかきくべきだったのか?わからん・・・いや、ききたかったんだけど、面接官もはっきりいくらって言いたそうになかったし、黙っちゃったわけです。おとなしいと思われたかしら・・・

I NEED A JOB!!!! I hate going through so many tough screenings and fail at the very end. I feel this is like America's Next Top Model (though I'm not a model at all). I hear the voice... "One of you will be eliminated tonight"!!

Apart from that, I'm filling out application forms of other news agencies. Then, I stopped when there was this question "What is the most memorable mistake you've ever experienced?"....

仕事がいる〜!!!何次もの難関な試験をくぐりぬけ、最後には落とされるなんて、嫌いです。これはもうまるでアメリカズ・ネクスト・トップ・モデルですよ。(モデルじゃ全然ないけど)「One of you will be eliminated tonight」(今夜、候補者の一人がふるい落とされます)のあの声がきこえてきそう。

それ以外は、他マスコミのエントリーシートなどを書いています。で、この質問でかたまる私。「最も記憶に残る失敗体験は?」

Hmmmm I've made tons of mistakes, but nothing is worth writing down as an essay. I don't think small mistakes matters (sometimes they do, though), but mistakes I make over and over and cannot change my attitude are worth noting. I hope they're not expecting "I made a mistake in where and where, and my friends helped me a lot..." type of essay.

うーん、失敗は沢山しているけれども、エッセイとして書くほどのものじゃないんですよね〜。小さな失敗ってそれほどたいしたことないと思うんですよ(時々たいしたことあるけど)。それよりも、繰り返し起こす過ち、態度をなかなか改められないもののほうが書き記すのにいいと思うんですけど。まさか、「どこどこでこんな失敗をしました。友人たちが助けてくれ云々かんぬん」ってエッセイを求めてるわけじゃないわよね?

For the famous "N", applicants have to write birth year and graduation years all in the era name of the Emperor. We still use that but I seldom see it on appliation forms. Now I have to check websites year 2000 will be what and year 2007 will be which etc. It's a bit too old fashioned...

有名なN社では、誕生年や卒業年を元号で書きます。今でも使うものでしょうが、エントリーシートではなかなかお目にかからないものです。いちいち、2000年が何だった、2007年が何だったとウェブで調べないといけない。ちょっと時代遅れ。

The sad thing is, I know having a dream job means having no personal life, but I still want it.

悲しいかな、夢の仕事を得るというのは、プライベートなしの生活になる、ということ。それでも得たい、と思うわたし・・・
| la vie | 19:40 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 19:40 | - | - |
Comment










11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
草木の如く
草木の如く (JUGEMレビュー »)
エミリー・シモン
エレクトロ・ポップな音楽で、英・仏で歌っています☆不思議な音階や音作りで、彼女は「フランスのビョーク」と言われていますが、ビョークよりチャーミングな聲かな・・・
Recommend
ヤンヤン 夏の想い出
ヤンヤン 夏の想い出 (JUGEMレビュー »)
ウー・ニエンジエン
最近逝ってしまったEdward Yang監督の作品。美しい映像に、細やかな人間描写が胸を打つ。尾形イッセーがいい味出してます。
Recommend
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba
Baroque Cantatas from Santiago de Cuba (JUGEMレビュー »)
Enrique Filiu,Jesus Cantero,Leonardo Amado,Alejandro Rodriguez,Esteban Salas,Benjamin Torrijo,Maria Victoria del Collado,Moises Hernandez-Dumenigo,Christian Mouyen,Ileana Jimenez Cala
Recommend
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya
A Small Corner of Hell: Dispatches from Chechnya (JUGEMレビュー »)
Anna Politkovskaya,Alexander Burry,Tatiana Tulchinsky,Georgi Derluguian
暗殺されてしまったロシア人女性記者の書いた本。このときはまだ、やはり暗殺されかけて生き延びていて、希望だったのに・・・
Recommend
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]
DAYS JAPAN (デイズ ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

日本が誇る、フォト・ジャーナリズム雑誌。「一枚の写真が国家を動かすこともある」をスローガンに毎月発行。
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM